夜のおくりびと・・・

遺体搬送屋の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

特殊清掃・・・ユニットバスでの格闘#2

ドア周りを注意深く確認しながらドアを開けると、さらなる腐乱臭が鼻をついてきた・・・

ユニットバスのドア付近には、蛆から孵化したであろう小さなハエが飛び回っていた。

天井や排水溝には蛆がびっしりと這っている・・

「ふぅ~っ」と一つ深い溜息をつき、いよいよ意を決して浴槽を覗く。

血液と腐乱液が凝固したであろう、【それ】は浴槽の底を埋め尽くしていた・・


各箇所をくまなくチェックした後、依頼者である管理会社の担当の方へ連絡。

状況と見積もり額を伝え、作業確認書へサインをして頂き早速作業へ取り掛かった。


まずは蛆やハエとの格闘からである。

作業内容を詳しくは書かないが、これがかなり苦戦する・・

目に見える範囲のものの後は、排水溝やトイレのタンク内である。

ここにもまだ卵の状態のものなどや、すでに孵化しているものなどが・・・

7月と言うこともありエアコンの無い室内は尋常ではない暑さ・・・

汗はひっきりなしに額を流れ、すでに体中汗まみれである。

途中、ベランダに出て外の空気を吸い、水分補給をしながらの格闘は続いた。


そしていよいよ浴槽内との格闘へ・・

特殊洗剤で溶かしながらの作業・・・溶かす度に臭いもリアルに立ち上ってくる。

心を【無】にしながら、解けた【それ】を給水ペーパーで拭き取って行く。

【それ】の塊の中には驚くべきものが!!(あえて何かは書かない・・)

溶かしては拭き取るを何度も何度も繰り返し、ようやく浴槽の底が見えてきた。

長時間そこへあった為だろう、すでに変色している箇所もあったが、私を苦しめた

【それ】はその後、ようやく消えた。


浴槽用の洗剤にてユニットバス全体をもう一度よく洗った後は、オゾン装置である。

通常よりレベルを上げ設置し、浴槽付近を中心にスイッチON。

その間、部屋には居れないので玄関を施錠し、しばらくの休憩。

自動販売機で買った冷たいスポーツドリンクを飲みながら、

今日の格闘への達成感を一人感じていた。

(自分に付いた腐乱臭と汗臭さも感じながらだが・・)


最後は消臭・消毒剤の散布である。

ここまで来れば作業完了も近い。

これも浴槽を中心に、部屋の隅々まで十分に散布する。

今までの"どんより"とした空気が変わっていくのを感じながら・・



管理会社の方に部屋の最終確認、作業完了確認書にサインをもらい

ようやく「ユニットバスとの格闘」も終わりを告げた。


管理会社の方も安心したのか、色々と話をしてくれた。

最初に現場に入った時の臭いに悶絶したこと、そして【それ】を見た時の衝撃、

その後3日くらい気分が優れず食欲も無かったこと等・・


でも綺麗になった現場を見て安心してくれたのか、

「ありがとうございました!本当に助かりました!!」と

固まっていたそれまでの表情に少し笑顔が戻り、その場を去っていった。

その笑顔で私も心を救われた感じがした。



家路に着き、【ユニットバスでの格闘】の達成感を感じながら・・・

今日は大好きな【ジン】をいつもより多めに飲った。



<*注意!!衝撃的な画像ですので、ご自分の責任にてクリックして下さい>

203.jpg
200.jpg
207.jpg
210.jpg
217.jpg
220.jpg

特殊清掃、遺品整理、不用品回収のご依頼はhttp://ライフレスキュー四国.com
お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<相も変わらず・・・ | ホーム | 特殊清掃・・・ユニットバスでの格闘#1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。