FC2ブログ

夜のおくりびと・・・

遺体搬送屋の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

屋根裏での格闘#2

いよいよ、屋根裏へ続く細い階段を上って行くと

まずはその広さに驚いた!!(3人とも唖然・・)

作りつけの階段だったので、下から見る限りは少々荷物を収納出来るくらいの

スペースだと思っていたのだが・・・

優に30畳程はあるかと思われるスペースに荷物や埃が満載・・・

さらに追い討ちをかけるかのごとく平面なスペースでは無く・・

階段が2つあり、段差によって仕切られている。

大量の衣類、新聞、生活雑貨、農業用品等・・・


そしてネズミがいた為だろう、大量の糞・・新聞紙や雑誌類はかじられボロボロ・・・

あたりに散乱している。

意気込んで上ってはみたものの、しばらく愕然としていた私達であった・・・



しかし、いつまでも途方に暮れている訳にはいかない。

気合を入れなおし、作業開始。

まずは衣類などを梱包しながら、二手に分かれ搬出していく。

大きさを適度にしないと、細い階段を下りれない。

何度も何度も、小分けにしながら作業を続ける。

屋根裏と言うこともあり暑さはハンパなく、容赦無く体力を奪われる。

汗は滝のように流れ、荷物をかき集める度に埃が大量に巻き上がる。

マスクを着用しているのだが、自分の汗でビショビショになり呼吸もままならない・・・


何とか上がってすぐのスペースが落ち着き、いよいよ一つ目の段上へ・・

ここも大量の新聞紙にネズミの糞、そして衣類。

ここのスペースは頭上が狭く、中腰での作業。そして仕切られているせいもあり

異様に暗く息苦しい・・・

その狭いスペースで埃が舞うのだから堪らない・・・

ここは3人で交代しながら作業を進めた。


そして最後の難関である2つ目の階段上へ・・

ここはスペースも広く作業はし易いのだが、これまた大量の荷物が・・・

そして目を疑ったのが、随分と前のものであろうブラウン管のテレビと

これまた昔の異様に大きな暖房器・・・

しかもデカイ・・さらには2つとも木枠の箱に収められている・・・

運び出すこと以前に、「どうやってここへ運んだんだろう??」と

皆で首を傾げる。??

だが、そんな事を考えても仕方がない(いつもの事だが・・笑)

のでまずは木枠を道具で解体。なるべく運び出し易いようにする。

それでもさすがブラウン管。異様に重い・・・

何とか3人で力を合わせ2つとも搬出成功。


その後も梅干の入ったこれまた大量の瓶や小豆の入ったケース等、

心を【無】にしながら作業を進めた。

そうこうするうちにやっと、すべての搬出を終えた。

後は、埃や新聞の切れ端などの清掃だ。

手でかき集めれるものをまとめていると・・・

「ん??」・・・

よく見てみるとネズミのミイラだ・・・・・(驚)!!


幾度の難関を超え、やっと作業は終了へ。

驚きついでだが、1階の荷物よりも屋根裏の荷物やゴミの方が倍以上多かった!!


暑さ、誇り、糞等・・大変な作業ではあったが、師匠と共に久しぶりに作業が出来た事、

休憩中、色々と話が出来た事、そして何よりお客様に喜んで頂けたこと。

さらには3人で力を合わせ、この難関?を無事乗り越えられた事で、

私達の心はとても爽やかだった。



ただ、私達自身は埃まみれ、汗まみれ、泥まみれでかなりの異臭を漂わせ、

爽やかには程遠かっただろうが・・・


師匠に挨拶をすませ、またの再会を約束し、私達は帰途についた。




追伸・・・


帰途の途中、私達「汚れ3人組」が寄ったコンビニで、

他のお客や店員に異臭を振りまいてしまい、異様な目で見られる事になろうとは

まだこの時、誰も気付いていなかった・・・・・(笑)

yane1.jpg
yane2.jpg
yane3.jpg
yane4.jpg
yane5.jpg

スポンサーサイト
お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。