FC2ブログ

夜のおくりびと・・・

遺体搬送屋の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新たなる夜のおくりびと・・

昨夜とうとう新人K君が、初の一人でのお迎えを経験した。

しかも警察署へのお迎えだった。

昨夜も待機人数が少なくやむなくと言う感じだが、

りっぱにやり遂げてきた!

死因は職場での突然死らしく・・脳溢血か何かとは思うが・・・


ご遺族は突然、警察から大切な人の死を知らされて、心身ともに憔悴している。

それはもちろん病院へのお迎えでもそうなのだが、十二分にご遺族の気持ちに

配慮しながら対応しなければならない。


それにご搬送するにしても処置するにしても、ご安置し終わるまでの間は

一時たりとも気は抜けないし、誰も助けてはくれない。

一人きりである。


私も心の中でドキドキしながら帰りを待ったが、無事にやり遂げてきた。

帰ってきたK君に、私は心から「お疲れさん」と声をかけた。

「お疲れ様です」と、やっと安堵の笑みをこぼしながら私を見たK君が

今日は何だか誇らしく思えた。

aratanaru.jpg







スポンサーサイト
お仕事 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。